東京マラソン2008 完走記

2月17日、気温は低いながらも晴天に恵まれ、第2回大会となる東京マラソン2008が開催された。運良く2年連続で当選し、東京の中心を大歓声の中、走ることができた。


【気象条件(9時)】 天候:快晴 気温:2.6度 湿度:42% 風:北東0.8m


【マラソン参加者数 / 完走者数】 27,386人 / 26,672人 (完走率 97.4%)


【プロローグ】

長い一年だった。
昨年、第1回の東京マラソン2007、幸運にも二次抽選で拾われて出場。
しかし天候は最悪の雨。
整列で45分間も雨に塗れた体は冷え切り、手足の指先はジンジンしびれる。
スタートしても体は温まらず、冷え切った筋肉で走り、アキレス腱がつり、ぐしょぐしょの靴下がずれて左足裏にまめができ、寒さに凍えてフォームが崩れて膝まで痛み出し、30キロ以降は何度も立ち止まったり歩いたり。
サブスリーの期待を持って臨んだ大会の結果は惨敗(3:27:31)だった。
その日から、リベンジを誓って、厳しいトレーニングを重ねてきたのだ。
運良く、今年の5倍という抽選にも当たった。
昨年11月のつくばマラソンでは、トレーニングの甲斐あって、初のサブスリーを達成。(タイム 2:56:11)
今年1月の千葉マリン(ハーフ)では、1:22:35の自己新を出し、のりにのっての東京マラソン2008への出場を迎えた。

連続サブスリーは勿論、自己新を更新する2時間54分台が目標だ。
25kmまで4分6秒ペースをキープし、それ以降5km毎にペースを4分9秒、12秒、15秒と40kmまで落ちていき、41km、42kmは4分18秒、21秒までで粘るというレース展開計画だ。

ペースメーカとして、GPS「Garmin ForeAthlete 205」を使い、設定ペース通りに走っていく。

寒さ対策も万全。
去年の反省から、下はロングタイツ、上は半袖Tシャツの上にノースリーブのTシャツの重ね着。
そして、アームウォーマーとスキーグローブのインナーのフリース手袋。
その手袋の手の甲には貼るホカロン。足の甲と指先には塗るホカロン。
更に、整列時に着用するために、透明ビニールのゴミ袋で、袖つきのパーカーを自作。
これでもかという程の寒さ防御策だ。


【実況】

2月17日、いよいよ待ちに待った東京マラソンだ。
雲ひとつ無い、いい天気。
気温は、やはり低く、3度。
天気がいいこともあり、去年より早く整列の動きが始まる。
出遅れないよう8時15分に並んだ。
スタートまでは55分もある。
寒くないことは無いが、寒さ対策は正解だった。

整列は、申し込み時の申告タイムによりナンバーが割り振られ、A〜Jブロックに分けられている。
陸連登録者はAブロックとなる。
そのAブロックの前から3列目に位置取りできた。
Aブロックの前には、国内外招待選手と北京オリンピックの代表選考選手がスタート数分前に並ぶ。

スタート3分前、ビニールパーカーを脱いで、沿道に投げ捨てる。
製作時間2時間掛かったものなので、ちょっと惜しかった。

9時10分、石原慎太郎東京都知事の打つ号砲により、東京マラソン2008のスタートが切られた。
これから42.195kmの戦いだ!

スタートライン通過まで3秒程度。
都庁前の直線を快走していく。

1分くらい走ったところでGPSを見ると、なんと!距離もペースも有り得ない値になっている。
試走したときは問題なかったのに!
多分、整列の人ごみの中で、衛星捕捉失敗を起してたせいだ。
気にはなってたが、こんなことになるとは。
しょうがない。
動揺しながらも、軽く走っていく。

1kmの距離表示板のところで、第1ラップ計測。
3分43秒。
うわぁ〜、速過ぎる。
こりゃ、つぶれるぞ。
ペースを落としたら、どんどん抜かれていく。
いいんだ、いいんだ、今のうちだけさ。

1kmでラップボタンを押してからは、GPSも正常に戻ってくれた。
一安心だ。

最初の給水ポイント。
ここで、手袋に貼り付けたホカロンを剥がして、ゴミ箱に投げ捨てる。
足は、塗るホカロンで快適だ。

5km通過タイム、19分57秒。
多分、整列の最後尾は、まだスタートラインを跨いでいないのかもしれないな。
と、思いながら余裕で走る。

しかしだ、ペースが安定してこない。
1km毎に10秒くらいばらついてしまう。
快適に走ると、つい出しすぎてしまい、調整して落とそうとすると、落としすぎてしまう。
5秒以内に抑えたいところだ。
これも、下りの続くワナなわけだ。

(8km過ぎ)竹橋だ。
これで長い下りも終わりだ。
自然とペースが安定してきた。
よしよし。

10km通過タイム、40分20秒。
腕にマジックで直書きした5キロ毎の通過予定タイムを確認。
最初の5キロを速く走りすぎたので、予定より40秒早い。

今日の日比谷通りは、すごいなぁ。
箱根駅伝のようだ。
こんな大声援の中で走れるなんて、やっぱり凄いよ。

15km過ぎて、品川で折り返す。
暫くすると、反対車線を走ってくるランナーの数がどんどん増えてくる。

18,19,20km、4分2〜3秒。
ちょっと予定より速いペースだと分かりつつ、落とせない。
落とし過ぎたまま上がらなくなるのが怖いんだ。

(21km)日比谷を右折して晴海通りへ。
中間点通過、1時間25分45秒くらいだ。
倍だと、2時間51分30秒だな。
後半落ちるとしてもサブスリーには8分30秒の余裕か。
つぶれなければ大丈夫だ。

銀座4丁目交差点を左折して中央通りへと走っていく。
こりゃあ、すごい観衆だ。
鳥肌が立つほどの大声援。
こりゃペースが上がってもしょうがない、ってわけで、銀座1丁目辺りまでの1キロラップ3分59秒。
後半つぶれるぞー、と、自分に言い聞かせるも、大観衆の声援に押されて、ペースが落ちない。

25km通過、ラップ4分2秒。
4分6秒の設定はここまでで、これから30kmまでは、4分9秒まで落ちてよいことにしている。
しかし、25km過ぎても元気だ。
ペースが落ちないどころか、速くなっている。

(27km過ぎ)浅草だ。
去年は、この辺でサブスリーを狙うのをあきらめたんだ。
給食ポイントでは、両手で、人形焼、アンパン、バナナを鷲づかみにして取っていき、バクバク食べながら走ったなぁ。
今年は、食べ物には見向きもせず、突っ走っていく。

雷門で折り返す。
ここもまたものすごい人だ。
で、また、4分を切ってしまった。
なんて単純なんだろう。

30km通過、2時間1分35秒。
予定より1分40秒早い。
この調子、どこまで続くの?
つぶれたくないなぁ。

(30km過ぎ)流石に筋肉疲労が出てきたか。
しかし、30キロの壁なんてことないぞ、今回は。
ネバネバ粘りのネバーギブアップじゃぁ。
31〜35kmのラップ、4分1秒、4分6秒、4分6秒、4分7秒、4分9秒。
35km通過タイム2時間22分4秒で、予定より2分11秒早くなった。
こ、こりゃぁ、すごいことになるぞ!
わくわく、ドキドキ。

(36km手前)いよいよここから4つの橋のアップダウンが始まる。
まずは、佃大橋だ。
去年は、この橋を上る手前で足がつり、ついに初めてレースで立ち止まってしまったのだ。

35km過ぎに、この上りはキツイなぁ。
でも、足はまだ充分動いてくれる。
上りきってこの1キロ、4分19秒。
まずまずのタイムロスで上り切ったぞ。

37,38kmラップ、共に4分7秒。
でも、キツイ!
あと4キロ!
頑張るぞ!
気持ちだ!
気持ちを切らしちゃいかん!

細かいアップダウンがこたえる。
39km、4分17秒に落ちる。

41km手前から、最後の有明陸橋の上りだ。
これを上りきれば!
うひゃー、しんどい!
苦しいー!
41kmラップ、4分29秒。

最後の上りで足を使い切ったか、下りになってもペースが全く上がらなくなった。
あと1キロ。
苦しいの、嫌だなぁ。
これ以上、辛い思いしたくないなぁ。
この気持ちが大きくなってしまった。

一般道からビッグサイトの敷地に入ったところで42km。
ラスト195m!
ラストスパートできない。
もう、目一杯だ。
フィニッシュゲートと記録計がはっきり見えてきた。
おー!まだ2時間52分台だ。
力を振り絞って気持ちだけはラストスパート。

やったぁ!
2時間52分56秒でフィニッシュ!

こりゃあ、なんて大記録だ!
連続サブスリー達成できたし、52分台が出た。
つくばマラソンの記録を3分15秒縮めての記録更新だ。
最高の結果、最高のレース展開であった。
設定ペース通りに走らず、結果から言えば大成功であった。
その裏にはトレーニングの量と質、仕上げ・調整がうまくいったことがあるのだろう。

次は1ヵ月後の荒川市民マラソンだ。
次々と記録更新は、難しい領域に入ってきた。
しかし、今シーズンをすべてサブスリーで飾り、気持ちよく終わりたい。
そのためにも、更なる努力が必要だ。


【結果】

00-05km、19分57秒(キロ3分59秒)
05-10km、20分23秒(キロ4分05秒)
10-15km、20分37秒(キロ4分07秒)
15-20km、20分20秒(キロ4分04秒)
20-25km、20分09秒(キロ4分02秒)
25-30km、20分09秒(キロ4分02秒)
30-35km、20分29秒(キロ4分06秒)
35-40km、21分06秒(キロ4分13秒)
40-GOAL、 9分46秒(キロ4分27秒)

中間点   1時間25分46秒 (後半 1時間27分10秒)
正式記録 2時間52分56秒
ネットタイム 2時間52分50秒
順位   フルマラソン男子 390位 / 完走者 20728人中
           45-49歳  37位 / 完走者 2848人中




Copyright (C) SeriousCityRunner All Rights Reserved.