皇居周回コース

※ 数字の上にマウスを持っていくと写真を表示し、クリックすると詳細を表示します。

スタート地点
桜田門・時計塔  気象庁前・大手濠緑地  平川門・太田道灌公追慕之碑  半蔵門・横断歩道

皇居を走るわけ

皇居は、年間300周走ってます。なぜか、というと、
  • 長い距離を止まらず走れる
  • 1周5kmで切りがいい
  • 適度なアップダウンがトレーニングに最適
  • 時計台前広場や気象庁前大手濠緑地への最寄の駅に定期券で降りられる
  • ランナーに都合のよい銭湯がある
  • トイレがあるので安心
  • ランナーが多いのでモチベーションがあがる
といったところでしょうか。
また、日曜の午前10時から午後3時までは、内掘通り・祝田橋〜平川門の間(往復約3km)の全車線が パレスサイクリングコース になるので、車の排気ガスを気にせず、気持ちよく走れます。
※ ランナーは車道を走れません。自転車は信号遵守です。

▲TOP

ホントは何キロ?

約5キロと言われていますが、いったいホントは何キロあるのでしょう。
距離は、どこを走るかによって異なってきます。
まず、桜田門を通るか、祝田橋を通るかによって、50mほど違います。
大半のランナーは、桜田門を通っているようです。 皇居ランのシンボルとなる時計台と見晴らしのいい広場があるからでしょうかね。
桜田門を通った場合、広場から内掘通りの直線へ、どう折れるかによっても距離に差が出ます。 そして、歩道のどちら側を走るかによっても差が出てきます。
一般的には、反時計回りに、桜田門を通って、時計台の広場から内掘通りへは歩道がスロープになっている車道に近い側から折れ曲がり、 歩道の内側(皇居側)を走っているようです。 内側といっても、ぎりぎりでなく、端から50cmくらいは中央寄りといったところでしょうか。
以上の走路を地図ソフト (「プロアトラスSV3」の5千分の1縮図だと歩道の幅も識別できます)でトレースすると、 4.965kmになりました。
歩道の内側(皇居側)と外側(車道側)とでは、距離にして20mの差がありました。 時計周りに左側走行で車道側を走ると4.975kmになります。
これはあくまでも、地図ソフト上の計測によるものです。
では、実際には、どうなんでしょう。
実測の手段として、GPSトレーナー 「Garmin ForeAthlete 205」を使用した結果を報告します。
上述の走路を周回コースとし、4周走ってGPSで計測した結果、
@4.955km A4.957km B4.950km C 4.965km
でした。平均すると、4.957kmとなります。 地図ソフトのトレースより、8m短い距離になりました。
但し、GPSにも、精度誤差が生じるので、全く正確とは言い切れません。
皇居周回コースの距離について、ネットで調べていたら、以下の情報を得られたので、ご紹介しておきましょう。
マラソンでオリンピック3大会連続出場した宇佐美彰朗さんの雑記帳によると、 時計台をスタート地点として、反時計回りに回転計測器(コロコロ)で1周を実測した結果、 4.9777kmだったそうです。 詳しくはここをクリック。
また、順天堂大の学生が、100m巻尺で計測した結果が、 4.955kmという情報もありました。
以上、皇居周回コースを桜田門を通って反時計回りに歩道の内側を走ると、
一周4.965km±10mになる
、ということでまとめます。

▲TOP

高低差ってどれくらい?

皇居周回コースのアップダウンは、トレーニングに最適です。
皇居のアップダウンは、傾斜も適度で距離もあり、坂道トレーニングが行えます。
アップダウンは平坦な道に比べてきついですが、その分、心肺機能と筋持久力を高めることが出来ます。
それでは、この皇居周回のアップダウンは、どのくらいあるのでしょうか。
皇居周回コースの距離を実測したときのGPSのログから高低差のグラフを作成しました。
4周(4回)計測したデータには、かなりのばらつきが見られます。 大体の傾向はつかめますが、これでは高低差、何メートル、ということは言えません。
GPS以外による高低差の実測となると地形測量器具でもないと出来ないので、ここはまた、距離計測と同様に地図ソフトの出番です。
高低差を調べるのに使用したのは、フリーソフトの カシミール3D と日本高密メッシュ標高データです。地図上をトレースして、1m精度の標高断面図を作成するこが出来ます。
周回コースをトレースして作った標高断面図が下図です。
皇居周回コースで標高の一番低い大手門付近と一番高い半蔵門付近の 高低差26mでした。

▲TOP

100m間隔の花の輪

皇居周回コースの歩道上には、47都道府県のシンボルとなる花をあしらったパネルが100m間隔に填め込まれています。
距離表示も付いていたりします。 一度、確認しながら走ってみては如何でしょうか。 100m間隔で都道府県だけだと5kmにならないので、3つだけ違うものがあったりします。

▲TOP

皇居RUNマナー

大勢のランナーが利用している皇居周回コース。
ランニング初心者からエリートランナー。LSDからハイペース走。走っている人も走り方も様々です。
みんながストレスなく、気持ちよく皇居ランを楽しみ、また、安全に、効率よいトレーニングを行うため、 以下のことに気をつけて走りましょう。
  • 左側通行にしましょう。
  • 幅の広い部分でも横2列、狭いところでは1列になって、追越や対向者が通れるようにしましょう。
  • 10人以上の団体では、最後尾ランナーは、後ろからのスピードランナーや自転車に注意しながら走り、「ランナー来まーす」とか 「自転車通りまーす」と前方に注意を促しましょう。
  • スペースのないところを無理に追い抜かず、「すみませーん」とか、声かけて、避けてもらってから抜かしましょう。
  • 歩道でストレッチしていると危険です。エリートランナーは、時速20km/h近くのスピードで走っています。 ストレッチは、広場や植え込みのスペースなどで行い、歩道では絶対しないようにしましょう。周回コース外の歩道などで済ませてくるというのもいいのではないでしょうか。
  • 団体で歩道上で集まっているのはやめましょう。走行の妨げにならない場所を選んでください。
上記のうち、特に、歩道いっぱい横に並んでのランニングと、歩道の真ん中にまで足を出してのストレッチは、他のランナーに対して、とても迷惑なだけでなく、危険ですのでやめましょう。
以上のことを守り、これからも皇居周回コースを走りやすい場所にしましょう。

▲TOP

銭湯の利用

皇居周辺にシャワー付きロッカールームを備えたランナー専用の施設( ランナーズステーションランニングオアシスハイテククラブアシックスストア東京 )ができましたが、私はやはり銭湯派です。
皇居ランで便利なのが半蔵門にある バン・ドゥーシュ と内神田にある 稲荷湯 です。両銭湯とも、脱衣所で着替えて荷物を置いたまま走りにいけます。 そして走り終わってからお風呂に入れるのです。
平日は夜遅くまで営業しているので、仕事帰りでも、充分に距離を走れますが、ただ、営業開始が3時くらいからなのと、日曜はお休みなのが残念です。
バン・ドゥーシュのほうは、土曜日の場合、常連で慣れているランナーならば、営業時間よりちょっと早く行っても玄関は開いているので、 中で着替えてロッカーキーを所定の入れ物に入れて走りにいけます。 料金は、走り終わって戻ったときに払うということができます。
土日でも営業しているのが淡路町にある 神田アクアハウス江戸遊です。
ここは、着替えて走りに行くことはできません。また、気象庁前の大手濠緑地から約1.6kmと、ちょっと離れてもいるので、 利用方法としては、着替えをリュックに入れて皇居まで行き(走って行ったり電車で行ったり)、時計台前か大手濠緑地に リュックを置き(ファスナーは開かないようダイヤル式の鍵を掛け、リュック自体もベンチや手すり等にチェーン錠をつけています。) 走り終わった後、クールダウンがてらゆっくり走ってお風呂に入る、という感じです。
江戸遊のいいところは、年中無休で、午前11時から翌朝8時まで営業していることです。
また、水風呂と人工温泉があるのもいいですね。北海道長万部の二股温泉で採った炭酸カルシウムが大量に含まれた原石を使っているそうです。 そう聞くだけで、疲れたカラダに効くようで、気持ちもリラックスできます。
【銭湯利用手順】
  • ランニングシューズは玄関に出しておきます。
    (ランニングシューズの脱衣所への持ち込みは厳禁です。)
  • フロントで料金450円を支払います。
  • ロッカーが空いていないときは、置いてあるカゴか袋にカバンや衣類をひとまとめにしておきます。
  • ロッカーキー、または貴重品(カゴ、袋使用の場合)をフロントに預けて走りに行きます。
    (ロッカーキーの番号を覚えるのを忘れずに。)
  • 走り終えて戻ってきたら、フロントでロッカーキーの番号を伝え、キーをもらい脱衣所へ。
  • あとは通常の銭湯と同じです。
    常識的な入浴マナーをもって、他の人に迷惑を掛けないようにしましょう。

▲TOP

ランナーの時計台

言わずと知れた皇居の時計台。 ところが、この時計台、ランナーのために作られたって知ってました?
時計台の広場に面した側に石版が填め込まれてあり、次の通りに文字が刻まれています。
この塔は スポーツの原点である「走る」ことが日常生活のなかにとり入れられることを希って 本連盟が呼びかけ スポーツに理解ある人びととの好意でできあがったものです。
塔デザインは「仲間と走ろう」をテーマに「走る人」を表現しています。
   1975年 体育の日
   財団法人 日本陸上競技連盟
へぇ〜、そうなんだぁ、って感じでしょ。 この時計台は、 距離表示のゼロ点になっています。
しかし、この塔のデザインって、アシックスのラインに似てません?

▲TOP

未完成?距離表示

100間隔で歩道に埋め込まれている花の輪パネルのすぐ上(または歩道の端)に、距離表示があります。
この距離表示は、時計台を基点として、反時計回りの距離が表示されているようです。 ところが、この距離表示、未完成?なのか、すべての花の輪パネルについているわけではありません。
時計台を反時計回りにスタートして、まず大手門過ぎたところに1.2kmの表示があります。 そこから平川門を過ぎた辺りの1.8kmまで100m毎にあって、 1.9kmの表示が無く、竹橋を渡りきったくらいのところに2.0kmがあります。 それから暫くなくて、千鳥ヶ淵に出る前に3.0kmの表示が現れ、桜田門手前の4.7km表示まで続きます。
距離表示 1.2km 〜 1.8km, 2.0km, 3.0km 〜 4.7km
花の輪都道府県と時計台を基点とした距離
  沖縄県  0.2km (距離表示なし)
  山形県  1.0km (距離表示なし)
  千代田区 2.0km
  滋賀県  3.0km
  山口県  4.0km

▲TOP