第11回荒川市民マラソン 完走記

【開催日】  2008年3月16日(日)


【気象条件】
時刻 天候 気温
9時 曇り 13 ℃ ほとんどなし
12時 曇り/時々晴れ 17.5 ℃ 南 1m


【マラソン参加者数・完走者数・完走率】
男/女 参加者数 完走者数 完走率
男子 12,114人 11,773人 97.2%
女子 2,091人 2,001人 95.7%
合計 14,205人 13,774人 97.0%


【プロローグ】

東京マラソンから27日。疲れを取って調整しなおすには、全く期間が短すぎる。
もともと、東京マラソンに当たった時点で荒川出場の選択肢は消えたのだが、ランナー仲間4人での飲み会の席で、盛り上がって、全員参加という話になった。
目玉は、元祖エースの早川さんとの直接対決だ。それと、調子のいいシーズンに、できるだけタイムを出しておくべきだとのアドバイスもあり、エントリーしたのである。

東京マラソンから10日後のロングインターバルでは、皇居1周21分40秒で、レースの35km過ぎ5キロラップとほぼ同じという悲惨な結果でかなり凹んだ。
3週間後には、皇居1周18分27秒と、復調したかに思えたのだが、荒川での結果や如何に。


【実況】

7時50分、会場到着。既に陣取っていた早川さんと合流。
硬い握手を交わし、健闘を誓い合う。
直後、早川さんの姿が見えなくなる。
アップにでも行ったのか。

あとから他の仲間7名も合流して、それぞれ今日の抱負などを話して、リラックス。

スタート20分くらい前になっても早川さんは姿を見せない。
陸連登録しているので、ひとり先頭ブロックに整列する。
前から5列目くらいのいい位置だ。

しかし暑い。暑過ぎる。レースの適温は10℃前後。
ただ、予報が外れて曇り空。せめて日が照りさえしなければ。

1ヶ月後のレースというのは、前回のレースの辛さが記憶に鮮明に残っているため、これからスタート、という時に、「あぁ、また始まる」と、ついネガティブな気持ちになってしまう。

それでも「スタート3分前〜」のアナウンスに、額の上に上げておいたサングラスを下ろし、頬もパンパン叩いて気合を入れる。

今日のペース展開計画では、東京マラソンよりも5秒程遅いキロ4分8秒ペースで30kmまでイーブンを保ち、その後は、ペースが落ちていくことを予想し、よくて2時間55分台、潰れてもなんとかサブスリーという具合だ。

9時ちょうどに号砲が響く。

スタートライン通過まで2秒程か。
最近のレースはいつも前のほうからのスタートで、ロス時間も無く、更に、周りは速いランナーばかりなので、スタート直後からの渋滞もまったく無く、スムーズな走り出し。
しかし、周りに左右されず、しっかり自分のペースで走る。

初ラップ、1キロ3分59秒。
入りとしては、ほぼ理想的と言えよう。

序盤、ラップ(2)4:05、(3)4:06、(4)4:06、で4キロ過ぎ、第1給水ポイント。
既に13℃を超えている。
一口でもいいから確実に水分を補給していかないと、後半、脱水症状で失速してしまう。そうなったらおしまいだ。設置されている給水ポイントは、すべてとろう。

その後も、(5)4:06、(6)4:04、(7)4:06、(8)4:06、(9)4:08、(10)4:04で、10km通過40分50秒。
さすが、河川敷のフラットなコースだけあって、ペース調整が楽である。
完璧と言えるまでのイーブンペース。
と思いたいところだが、何かが違うぞ!

つくばでも東京でも、ついスピードが出てしまうのをあえて抑えていたのに、今日は、一生懸命だ。
ラップのばらつきようが無い。めいっぱいなんだっ!

既に、大体四頭筋に筋肉疲労が感じられ、足が重い。
汗の量もかなりだ。
や、やばい!
どんどんミネラルが奪われていくぅ〜。

12km給水ポイントで、ランパン裏に縫い付けた小袋に入れておいたサプリメントを摂る。
BCAAとクエン酸ほかビタミン・ミネラルが配合されている「フリーダム」という新製品だ。

これをレース中に3本と炭水化物系のサプリメント「パワーバージェル」を2本摂る計画で、もって走ってるのだ。
どうか、効いてくれぇー!

15km通過1時間1分22秒。
予定より、38秒早いぞ。
でも、バネの無い走りになってきた。
呼吸も苦しい。
まだ、3分の1じゃないか。

暑い、重い、苦しい、うぇ〜ぇ。
しかし、なんとかキロごとのラップのばらつきを3、4秒で、タイム的には順調に走っていく。

ここまで、何度も後ろを振り向くが、早川さんは、ピタリと後ろにはついていないようだ。でも、はっきりとは分からない。
これまで、早川さんと、同じ年の先輩、中角さんの、何度と無く繰り広げられたバトルの話を聞いている。スタート前から姿を見せなかったのは、ピタリ作戦と見えないプレッシャー作戦か!?

もうじき、折り返し地点だ。

あっ、タケさんだ!
(タケさんはエントリーが間に合わず大会に参加できなかったのだが、門前仲町でアスリート鍼灸院をされているタケさんの下にケアにくるランナーや有名なアトミクラブの仲間のランナーや我レナウンACの仲間たち、数十名のランナーの応援に来ていたそうだ。)
「タァケさぁーん!」
おぉ、気がついてくれた。
「間宮君、ファイトファイトォー!」と声援を受けると元気が沸いて、21kmラップが4:02に上がった。

21.1km折り返し。
やっと、ゴールに向かって走れる。
さぁ、早川さんとの差は?

10秒、20秒、30秒、まだ来ない。
ま、まさか、ピッタリとつかれているのではないだろうか。

1分。お、おっ!
いたいた。
「ファイトォ!」
折り返して1分。
約2分の差だ。

21キロ以上もの間、続いた不安、解消!
しかし、今度は、急に、つぶれないかが不安になってくる。

東京マラソンを走ったときと精神状態がまったく違う。
東京のときは、どんな記録が出るかわくわくしながら走ってた。
今日は不安ばかりだ。
景色も単調でつまらない。

更に、暑い、重い、苦しい、うぇ〜ぇ。
それでも、21-25kmの5キロを20:23で、予定より5km17秒早い。

25km過ぎ、ホントに辛くなってきた。
1キロ毎の看板の直前でがんばって、キロ4:08をなんとかキープ。

29km、ついに間に合わず、4:10になる。
30km4:11、31km4:16、あ、あぁれー。
32km4:35、もう、だめかぁー。

32km通過タイム2時間11:53秒。
あと10.195キロ。
49分ならサブスリーだ。
キロ5分まで落ちなければなんとかなるぞ!

根性!我慢!忍耐!

33、34kmを4:06、4:07に持ち直す。
35km通過、2時間24分24秒。
あと7km。
キロ5分掛かっても大丈夫な余裕ができた。
キロ5分かかんなきゃいいんだ。そうそう。

これ以上、辛い思いしたくない。
これからもっと辛くはなりたくない。
サブスリーは、できそうだ。
スゥーー、ハァッ、スゥーー、ハァッ、もういやだ、走るのいやだ、スゥーー、ハァッ。

35.7km給水ポイント、名物のシャーベットが、どぉーっと並べられている。
うまそー!
でも、こんなもん、食ってる場合じゃないんじゃ!
代わりに、アミノ酸+クエン酸を水で流し込む。

36kmラップ4:38。
もう、これ以上、無理!
勘弁してぇー!
早く終わらせてくれー!

あと5キロ、皇居1周分だ!
長っ!

あと2キロ、ラストスパートするか!
いやいや、辛いでしょ。
死ぬほどがんばって2、30秒縮まったところで、大差ないでしょー!

ラスト1キロ!
「女子の3番だよ、がんばってぇー!」って、後ろのほうで声援が。
直後、女性ランナーに抜かれる。

うりゃ〜!って気合入れても、足が出ない。
本気で気合が入らない。
心の奥で、既に、自分に対して、「お疲れ様でした」状態だ。

どんどん離されていく。

42km通過で残り195m!
よしっぁ!最後だ!
今度こそラストスパートだ!
うりゃ〜!

フィニィーッシュ!
ラスト195m、46秒。
2時間57分22秒だぁ!
ハァハァ、ハァハァ、つらかったぁ〜。

フィニッシュゲートを走り過ぎ、他のランナーがフィニッシュしてくるのに邪魔にならないところまで2、30mくらい進んで、腰を折って、両手を膝について休んだ直後に、「間宮くぅーん!おぉーつかれ、おつかれー」
と、背後から声が。
「おあぁ〜、はぁやかわさぁ〜ぁ〜ん、お疲れ様でしたぁ!」
硬い握手で、健闘を称えあう。

早川さんは、2時間57分33秒だったと。
超ー、接戦であったのだ。
折り返しで2分余りの差があったのに。
恐るべしというか、流石だ。
あと、500mあったら、完全に抜かれていただろう。
ロスタイムを聞くと、多分、ネットタイムは、1、2秒差で、勝ったか負けたかの勝負のようだ。

いやぁ、しかし、今シーズン全戦、3連続サブスリーが達成できた。
これは、ものすごい自信になった。
よかった、よかった。


【結果】

00-05km、20分22秒 (キロ4分04秒) ペース低下率
05-10km、20分28秒 (キロ4分06秒)   99.5%
10-15km、20分32秒 (キロ4分06秒)   99.2%
15-20km、20分32秒 (キロ4分06秒)  99.2%
20-25km、20分23秒 (キロ4分05秒)  99.9%
25-30km、20分45秒 (キロ4分09秒)  98.2%
30-35km、21分22秒 (キロ4分16秒)  95.3%
35-40km、22分53秒 (キロ4分35秒)  89.0%
40-GOAL 10分05秒 (キロ4分36秒)

記録 2時間57分22秒
順位 男子陸連登録の部 133位 / 完走者 800人中
    男子総合       234位 / 完走者 11,773人中
    男女総合       237位 / 完走者 13,774人中


Copyright (C) SeriousCitizenRunner All Rights Reserved.